優しくてあったかい感じのする可愛らしいリングピロー

~リングピローをご注文いただいたお客様からのお便り~

拝啓

 皆様にはお変わりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。
本来ならば挙式後すぐにお礼申し上げるべきところですが
何かと慌しく毎日を過ごしておりまして、本日になってしまいました。申し訳ありません。

 さて、2005年12月4日にハイアットリージェンシーオーサカにて無事に
結婚式をあげることができました。
落ち着いた雰囲気の中で思っていた通りのアットホームな挙式をあげ
楽しい1日を過ごすことが出来ました。

 マザリィーの皆様には、とてもかわいらしいリングピローを制作頂き
本当に有難うございました。
結婚準備の中でリングピローをお店やインターネットで色々と探しましたが
なかなか「コレ!」というデザインに出会えず迷っていましたが、
貴社のホームページを拝見させて頂いた時に、そのかわいいデザインと
価格にびっくり。また1つ1つ手作りして頂けるとのこと。ここで注文しようとすぐに決めました。

ですが、決めたもののどれも素敵でどれにしようかと迷いましたが
だんなさんの意見を参考にし『ツインローズ』に決定。届くのを心待ちにしていました。
期日通りに送って頂き、あけてみると思っていた以上に
優しくてあったかい感じのするかわいらしいピローでした。
本当に有難うございました。とても満足しています。

尚、結婚式当日に使用させて頂いた時の写真を送付させて頂きますが
シンプルなものしかなくて、ごめんなさい。

 最後になりましたが、私たちの結婚にご協力頂きました皆様に
心よりお礼申し上げますと共に貴社の益々のご活躍をお祈り申し上げます。
尚、皆様にはよろしくお伝えくださいますようお願い致します。
本当に有難うございました。                      A.K.

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客様の声を聞かせて頂くたびにこの仕事する喜びを強く感じます。
こちらこそ、有難うございました。
c0017209_16145817.jpg

マザリィーのHPも是非ご覧下さい。
http://www.motherly.jp
[PR]
# by motherly | 2006-02-25 16:32 | Comments(0)

“ 思いがけない祝福 ”



今から二十七、八年前の十月、(三十年前とくくるにはちょっぴり抵抗が・・・)山口市の
ザビエル教会で挙式をしました。
山口県出身の主人には、結婚するならここで、という夢(?)があったのです。
当時のあのなつかしい教会はとっくの昔に消失して、今はすっかりモダンなかたちの
ものになっています。

今は亡きおひげのホセ神父様のもとで、おごそかに二人は永遠の愛を誓ったわけですが、
さて驚くことは、参列した人達の祝福を受けながら教会の外に出た瞬間に起こりました。
ワァーという歓声と共に沸き起こった拍手、カチカチというカメラのシャッターをきる音。
長い石段の両脇には修学旅行の学生達が・・・、観光客とおぼしき人達もいます。
思いがけずも見ず知らずの人達からの祝福を受け、びっくりすると同時にとても温かな
気持ちになったのを覚えています。

ふと思います。あの時の修学旅行の学生達の古いアルバムには、美しい教会を背景に
花嫁姿の若かりし私が微笑んでいるにちがいない。そして、彼ら、彼女達も家庭を
持ってきっと幸せに暮らしているんだろうな・・・と。



マザリィーのHPも是非ご覧ください。
http://www.motherly.jp
[PR]
# by motherly | 2006-02-14 08:25 | Comments(0)

ミニチュアドレスで沢山の方々を幸せにしてさし上げて…

~ミニチュアドレスをご注文いただいたお客様からのお便り~

大変ご無沙汰しております。
9月17日に挙式致しましたY.Y.です。

遅れに遅ればせではございますが…改めまして
この度はお気に入りのウエディングドレスのミニチュアを
僅かな写真で見事再現して下さいまして誠に有難うございました。

お蔭様で当日はお天気にも恵まれ、また本当に沢山の方々に
祝福していただいた中、無事、挙式を執り行うことができました。

更には撮影に来てくださったゼクシィ編集部の方や会場であるアニウ゛ェルセルの
スタッフの方々からも、あれだけ忠実にできた仕上がりにお褒めいただきました。

オーダーレンタルのドレスであったので手元にいつも残すことが出来るので
挙式の事を常に思い出し初心に返れそうです。


c0017209_170527.jpg



数枚の写真だけで大丈夫なのかと心配もありましたが
詳細が細かいドレスを再現されていたのにただただビックリしました。

ドレスがオーダーレンタルでありましたので、どうしてもお気に入りのドレスを
手元に残したくてお願い致しましたが、いつでも見ていると
素敵な良い気分になることができます。

またトレーンの端の部分の詳細は写真からでは分かり難いと言うことで
カットの際の指示まで同封しておいてくださり、ありがとうございました。
実際にはカットの必要ないタイプだったのでそのまま使用させていただきました。

少々気になりましたことを挙げさせていただきます。

・ 振込先の番号が相違されていたこと(お昼の忙しい時間帯で混んだ郵便局で
  慌ててしまいました)

・ 挙式前日到着予定でしたが、ただでさえその他の最終確認準備が多く
  バタバタし気忙しい日でもあったので、なかなか到着しないことがすごく気掛かりになり
  精神的にも不安定になりましたので、できれば送った段階でメールなり電話なりで
  発送の連絡をいただくようにしておけば良かったと思いました。

でも本当に素晴らしい出来映えに大変満足しております。
想像以上に本物のドレス同様素敵でした。どうもありがとうございました。
最高の日にしていただくご協力に大変感謝しております。

また今年も沢山の方々を幸せにしてさし上げてください。

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お客様のお声をお聞かせいただく度、思いを新たに致します。

お声を真摯に受け止め
これからも喜んでいただけますよう
心を込めてミニチュアドレスの制作に取り組んでいきたいと…。

マザリィーのHPも是非ご覧下さい。
http://www.motherly.jp
[PR]
# by motherly | 2006-01-31 17:42 | Comments(0)

雪が降ろうが、槍が降ろうが…

久々の陽だまりの中で、ここ最近の寒波、記録的な雪のことなどを遠い昔のことの
ように思ってみたりします。
比較的温暖な瀬戸内のここ広島でも、例年になく大雪に見舞われた12月のある日。
私のまわりにもいくつかのドラマがありました。

学生時代の友人の長女の結婚式。はるか東海地方まで、新婦の親族、友人が
大雪の中を駆けつけました。
その長女がまだ小学生の時に夫を病気で亡くし、以来専業主婦から小学校の先生へと
転身して三人の子供を育てたがんばりやの友人。初めて迎える結婚式が、ことも
あろうに全国的に大雪のその日になろうとは…
どうか無事に式が行われますようにと、ただひたすら祈っていた私ですが、
誰ひとり欠けることもなく無事に終えました、皆さんに感謝です!という友人からの
第一報にホッと胸をなでおろしたものでした。

その同じ日に、マンションのお隣さんが山陰地方から引越しをして来られました。
前日も雪の中、荷物を出されたそうで、そうでなくても大変な一連の引越し作業で、
どんなにお疲れのことかと多いに同情をした次第です。
引越し業者の若いお兄さん達が、頭に赤いサンタさんの帽子をかぶって、雪の中を
黙々と働いている姿がやけに印象的ではありましたが…。

さて、その同じ日、我が夫も出張先の東京からいつもの何倍もの時間をかけて
なんとか無事に広島にたどり着きました。
一日中、ただ気を揉みながら、なすすべもなかった私ですが、世の中どんなことが
あっても、ただ粛々と進んでいくんだなあと強く感じ入った雪の一日でした。


マザリィーのHPもご覧下さい。
http://www.motherly.jp
[PR]
# by motherly | 2006-01-22 17:18 | Comments(0)

リングピローで永遠の誓いを…

2005年11月19日山口のザビエル教会にて挙式の征和様、朋子様より
リングピロー(マザリィーのピンピロー)のお写真を送付していただきました。

~末永いお幸せをお祈りしています~

c0017209_1251062.jpg


c0017209_12514230.jpg


マザリィーのHPもご覧ください。
http://www.motherly.jp
[PR]
# by motherly | 2006-01-12 12:57 | Comments(0)

サンタになったマザリィー

イウ゛の夜サンタクロースに…

~愛する奥様への今年のクリスマスプレゼントはマザリィーのミニチュアドレス~

プレゼントのことは秘密にして奥様を驚かせたいというご主人のステキな演出で
マザリィーから直接奥様へミニチュアドレスを手渡しすべくお宅へ伺うことに

キラキラと輝く目で箱を開けミニチュアドレスを目にされた瞬間
「まあ…私の着たウエディングドレス!!嬉しい!!」と大喜び

その様子を側でご主人がニコニコと嬉しそう…。
なんとも微笑ましい光景

「あの日、あの時の感動がよみがえってきました。想いがよみがえってきました…。
日々時が経つにつれ忘れかけてた想いを思い出させてくれました。
有難うございます。   ステキなお仕事ですね…。」
と最後にしみじみと

この言葉をお聞きし私たちもとっても幸せな気持ちに包まれ…
この仕事をしていて良かったと。

6月5日に式を挙げられたお二人にメリークリスマス!!

マザリィーのHPもご覧ください。
http://www/motherly.jp
c0017209_23244998.jpg
c0017209_23253641.jpg

[PR]
# by motherly | 2005-12-25 21:39 | Comments(0)

ふたりの仲をとりもつウ゛ェネツィア…?

細い石畳の道を歩いているとまた運河にぶつかり、そこに架かる小さな橋を渡る。
まるで迷路に紛れこんだような気がする。
橋の下にはゴンドリエーレが巧みに櫓をあやつりながらゴンドラを更に細い運河へと
漕ぎ出していく。
これは、夢の中…?

世の中には頭に焼き付いてすっかりお馴染みになっている光景というものがあります。
イタリアの“水の都 ウ゛ェネツィア”はその最たるものではないでしょうか。
実際、我々夫婦もそのお馴染みの光景にはそれほどの興味もわかず、今回イタリアを
旅するにあたっても、時間があれば足を伸ばそうか…という軽い気持ちだったのです。
ところが、ところがである。
一歩そこに足を踏み入れたとたん、あの写真で見慣れた光景が強烈な印象を持って
胸に迫ってきたのです。  “郷愁”とかそんな感じかな…

ルネッサンス芸術発祥の地、フィレンツェでは中世の香りを満喫し、ルネッサンス
絵画をこれでもかといわんばかりに堪能して、頭の中が少々麻痺状態になっていた
直後のあの水の都の光景。
車の存在しない摩訶不思議な世界、すっかりとりこになってしまいました。

旅の間は四六時中一緒で、ささいなことからいさかいもしましたが“死ぬまでに
もう一度ここに戻ってこよう”という点では見事に一致!!
そのためにもこれからも末永く仲良く…目指すは再びのウ゛ェネツィアへ!と
いうことでまずは手を打つことに相成りました。シャンシャン。


マザリィーのHPもご覧ください。
http://www.motherly.jp
[PR]
# by motherly | 2005-12-19 23:31 | Comments(0)

母を想う心…

 息子の中学生時代にPTAに関わらせていただき、先日も中学校で
校長先生とお話する機会がありました。

「先生、最近 車で通学されているとお聞きしましたが…」

「そうなんですよ。いやぁ、まさか この歳になって車を運転するようになるとは
夢にも思ってませんでしたよ。」

「そうですよね、確か以前 “車の運転は家内に任せて、僕は運転せんでも
ええと思うています。”とおっしゃていましたよね…?」

「いやぁ お袋がねぇ…少々ぼけ始めてきましてネ。
実はこういうことがあったんですわ。

高速の料金所より電話がかかってきて “お宅のお母様と思われる方が
どう帰っていいのか判らないとおっしゃってまして
迎えに来ていただきたいのですが” と連絡が入りましてね。

さすがに困りましたヨ。 私は車が運転できないし、家内は留守で
その料金所まで迎えに行くことが困難で
結局、送っていただいたのです。

その時に思いました。 そんなに出かけたいのなら、私が母を連れて
出かけてやろうと。 で、一念発起して自動車教習所へ通い
運転免許を取ったわけなんですヨ。」

「そうでしたか…。実は以前、確か校長先生が運転席に
乗っていらっしゃる姿をお見かけしたような…気がしてたんですが
見間違いではなく、あれはやはり校長先生だったんですネ」

この話を聞いて
母を想う校長先生の優しいお気持ちが伝わってきて
なんともいえず温かい気持ちに包まれたものです。

人って自身のことでは、なかなか行動できず後回しになることでも
この人のために!っていう想いがあれば少々高いハードルがあっても
行動できるんだなと改めて感じさせられるお話でした。

ちなみに校長先生は来年還暦を迎えられます。

マザリィーのHPもご覧ください。
http://www.motherly.jp
[PR]
# by motherly | 2005-11-24 19:19 | Comments(0)

ウエディングリングピロー マザリィー

進捗状況③
ご結婚オメデトウございます。
リングピローは手作りされたんでしょうか?
[PR]
# by motherly | 2005-11-22 16:32 | Comments(0)

ウェディングリングピローマザリィー

姓名判断
結婚といえば指輪交換 ステキなリングピローを貴女のために・・・。
[PR]
# by motherly | 2005-11-22 16:27 | Comments(0)