<   2006年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

喜び


四年前、友人のご子息の結婚のお祝いにと、二人の友人とリングピロー、メッセージカード、

ラッピングをすべて手作りでプレゼントしたところ大変喜んでいただいた。

贈った私たちも大変心温まる思いをした。

これがきっかけで翌年、その三人の友人とリングピローの制作販売の仕事を始めた。

三年目を迎えた今では、ミニチュアドレスが加わり、これが主流になっている。


先日、お客さまからメールが届いた。

「レンタルドレスは手元に残らないので…とミニチュアドレスをオーダーしました。

今、新居に飾ってあります。結婚式の喜びをいつも思い起こさせてくれます。

急なお願いにもかかわらず、丁寧に作っていただき本当にありがとうございました。

これからもたくさんの花嫁さんの味方になってあげてください。」


勢いで起業した。

疑心暗鬼ながら、何があっても三年は続けようと心に決めていた。

何もかも初めてのことばかり。

仕事の厳しさなどいろいろな思いをたくさんしてきた。

しかしお客様の喜びの声を聞くと、そんな大変な思いをしたことなど吹き飛んでしまう。

喜んでくださる方がいるからこそ、どんな困難も困難と思えなくなるのである。

この仕事をして本当によかった!と大きな喜びを感じている。


人は欲求が満たされた時や、美しいものに触れた時に喜びを感じる。

まさに、人との関係を通して感じる喜びが一番強いのではと思うのである。



~7月29日付け  中国新聞夕刊コラム 「でるた」 掲載記事を紹介させていただきました~


マザリーのHPも是非ご覧ください。
http://www.motherly.jp
[PR]
by motherly | 2006-08-26 11:21 | Comments(0)

リングピローに一目ぼれ



リングピローをご注文頂いたお客様からメールにて

とても嬉しいお言葉を頂きました。


「インターネットで探してたら、マザリィーさんのが

 ダントツ、いえ、マザリィーさんだけのが

 すごくかわいくて、一目ぼれしてしまいました。」


一目ぼれ……嬉しいですネ

いつまでも貴女のお側においてください。

c0017209_170938.jpg



マザリィーのHPも是非ご覧下さい。
http://www.motherly.jp
[PR]
by motherly | 2006-08-20 17:07 | Comments(0)

8. 6


“やっぱりね、鳴ったとたんにママからだと思ったよ”

“えーっ、どうして?” 

ひょっとして見透かされたかなと思いつつ平静を装って問い返しました。

“だって明日は8月6日だもん、去年も前日にメールがきたよ”

すっかり忘れていましたけど、やはり去年もこの日に東京にいる娘に連絡を

とっていた私です。



1945年8月6日、広島に原爆が投下された日。

軍人だった父は広島を離れており、母も爆心地から離れた郊外に住んでいたため

その直接の被害に遭うことはなかったのですが、それぞれの身内の何人かはやはり

原爆で亡くなったようです。

あの日の辛い惨状の様子を折りにふれては見聞きしながら私もこの年になりました。



広島に生まれ育った者にとって、8月6日の朝8時15分に黙祷するということは

物心ついた頃からの習慣です。かつて主人の転勤で海外に暮らしたことのある我が家

ですが、そこでも毎年この日にはこの方角が日本だねと言いながら8時15分には

みんなで黙祷したものです。時差のことを考えるとおかしいのですが・・・。

幼い娘は意味もわからず、ただ私のそばで必死で目をつぶっていましたっけ。



“大丈夫よ。いつもしっかり頭に入ってるから”と娘。

いつどこにいても、たとえ通勤途中の混んだ電車の中でも、この日のこの時間には

心の中でそっとヒロシマのことを想ってね、ささやかながら私の伝えたかった一言です。

来年からはもう、メールすることも電話することもやめよう、娘にはしっかり伝わって

いるのだから。

蝉の声がやっと弱くなったようです。61年目の原爆の日も静かに暮れていきます。


マザリィーのHPも是非ご覧ください。
http://www.motherly.jp
[PR]
by motherly | 2006-08-07 13:09 | Comments(0)

海外ウエディング&ハネムーンフェア

~7月の下旬 JTB海外ウエディング&ハネムーンフェアに出展させていただいたときのこと~

c0017209_18501723.jpg


c0017209_18503694.jpg


プチプレゼントとしてマザリィー手作りのミニ袋にドラジェを入れてお客様へ。

当日は最新ドレスのファッションショーなどの催しもあり大盛況にて

たくさんのカップルが来場されました。


と、その中でひときわ目を引くカップルが…。

プレゼントを受け取られるときのこと思わず手を貸して差しあげたのですが

「すいません、急な仕事が入って妻が来れなくなったもので…。」

と申し訳なさそうに仰られました。

片手で赤ちゃん(女の子)を抱っこされていて見かねての行為だったのです。


なるほど…今どきの結婚事情かなぁ…などと印象深いシーンでした。

パパ 頑張って!!


マザリィーのHPも是非ご覧下さい。
http://www.motherly.jp
[PR]
by motherly | 2006-08-03 19:13 | Comments(0)